まきまき花巻行きたい遊んで楽しめる美術館。〜花巻おもちゃ美術館〜
遊んで楽しめる美術館。〜花巻おもちゃ美術館〜
32 まき
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!plume。です‪🔆‬

そろそろわたしの春休みが終わろうとしています。
寂しい…( ;⌄; )

わたしはそんな春休み中、ある場所で
インターンシップに参加させて頂き、
とても充実して過ごすことができました✨

インターンシップとは、就業体験を通じて
そのお仕事への理解を深めることができる制度
です。


これはインターンを楽しむわたしです🤭

この赤いエプロン姿のスタッフに見覚えの
ある方もいらっしゃると思います。

そう、ここは花巻おもちゃ美術館!🧸

インターンでお仕事をしていくうちに、どんどん
おもちゃ美術館の魅力を感じることができたので、
今回はこちらの「花巻おもちゃ美術館」について
ご紹介させて頂きます!


-花巻おもちゃ美術館について-
花巻おもちゃ美術館は2019年7月20日、
マルカンビルの2階にて開館されました。

「世界で一番、カッコいい木材店」を目標に掲げる
「小友木材店」さんが設立、運営しています。

おもちゃ美術館では「木育」と呼ばれる
「木に触れる、気を学ぶ、木と生きる」を通じて
木の空間に溶け込むことができる施設です🌳

-おもちゃ美術館を支える優しく明るい館長-
こちらで館長を務める平野 裕幸さん。
今回は平野さんにおもちゃ美術館について
お話していただきました。

平野さんは木に関して詳しすぎて、
「木の変態」と呼ばれてしまうほどだそうです(笑)

と言うのも、建築系の大学で多くを学び、
17年間木に関する建設会社での勤務を経たそうで、
本当にとても木に詳しいです。

京都出身である平野さんですが、岩手の大学へ
入学したのち、建設会社で勤務する中で
共通の知人を通じて「小友木材店」の小友さんと
出会ったそうです。

木のことが大好きで詳しい平野さんと、木材店を
経営する小友さんとの出会いはまさに運命!
ふたりが出会えたからこそ花巻の魅力を生かした
「花巻おもちゃ美術館」が誕生しました。

平野さんは、おもちゃ美術館が完成した時
イメージ通りで夢のようだったと仰っています。
多少の失敗もあったけれど、今後の展開に
活かすことができるとプラスに捉え、
平野さんにとってとても良い経験となった
そうです。

平野さんにとっておもちゃ美術館は自慢であり、
まるで「夢の国」と例えています。
わたしもおもちゃ美術館で過ごし、おもちゃに
囲まれた空間が夢の国のように感じました☺️

-遊んで楽しむ美術館-
「美術館」と聞くと、落ち着いた空間で作品を鑑賞
するなど、高尚なイメージを持つ方もいらっしゃる
かもしれません。

しかしこちらのおもちゃ美術館はそんなイメージ
を覆す、みんなで遊んで楽しむことのできる
美術館なのです!


-マルカン×おもちゃ美術館のコラボレーション-
現在、「おもちゃ美術館」は全国各地に8館展開
されています。

花巻のおもちゃ美術館はマルカンビル内にある為、
「食と遊びのコラボ」と称して
マルカンとの花巻ならではのコラボレーションが
成されています🍦


こちらのエリアは「大食堂ごっこ」ができる
ダイニングコーナーです🍴



マルカン大食堂での大人気メニューが
たくさん!
好きな組み合わせで新しいメニューを作ることも
できちゃいます(*^^*)



大人気デザートもお忘れなく…♪

あの有名な10段ソフトクリームも
もちろんあります!
副館長の玉山 恵さんも館内で1番お気に入りの
おもちゃだそうです💖

このソフトクリームはバランスゲームとして
遊ぶこともでき、何段積み上げることができるか
挑戦できます🍦


可愛らしい積み上げ記録認定証が貰える
挑戦もできるので記念にオススメです✨



お隣のエリアにはキッチンも備わっています🍳

-宮沢賢治さんの世界-
花巻の有名人といえば宮沢賢治さん。
宮沢賢治さんの名作の世界も隠れています📖

『注文の多い料理店』。
鮮やかな色合いと陰影のコントラストが
とても綺麗ですよね✨

お次は『どんぐりと山猫』!!
わたしの投稿によく登場するこの子↑は
賢治さんを大尊敬する山猫くんなので
とても喜んでおります😺笑
どんぐりくんたちの足元にはビー玉が付いていて、
坂を小走りで下がっていきます。
その姿がとても可愛い♡

-岩手の歴史や文化との融合-
岩手といえばわんこそば!
そんなイメージをそのままモチーフにした
大きな「わんこそばオセロ」。

器をオセロの石にするというユニークな発想が
素敵だと感じました。


こちらのエリアは「収穫の森」。

大迫のぶどうをイメージしているそうです🍇

こちらは東和の段々畑をイメージ🥕

この野菜たちは抜いて収穫することが
できます。

おもちゃ美術館では、岩手ならではの
多樹種材(30樹種)がふんだんに使用されています。

こちらのエリアは「ひっつきむしのもり」。

白樺の木が使用されていて、
本当に森に迷い込んだような自然を感じます。

この森では、ざると棒を使って…

ひっつき虫を捕まえることができます!
ひょこっと出てきてかわいい(*^^*)


木漏れ日の下でキノコ採りもできます🍄

-グッド・トイとは?-


こちらにあるおもちゃは全国の
「おもちゃコンサルタント」が選ぶ良いおもちゃ
=グッド・トイ が多く置かれています。

木のおもちゃも多く見られますが、おもちゃの
プロが厳選する木でできていないおもちゃも
たくさんあるので、ぜひ手に取って遊んでみて
下さい😊
このおもちゃは平野館長がお気に入りの
「とんでキャッチ」です💨

-大人も大盛り上がり!-

こちらは「ゲームのもり」。

各国のカードゲームやボードゲームが
たくさん並んでいます🃏

単純そうに見えて、頭を使うゲームもあるので
大人の方も十分に盛り上がることができます!
カップルや夫婦の方々が盛り上がって
楽しんでいるのをよく見かけました🥰


小さなお子さんやご家族にはこのゲームが
オススメです✨

-木の秘湯で温まる♨-
ここは「秘湯のもり」。

ころころとした可愛らしい木の卵。
木の温泉に浸かって木の温もりを感じてください🐵

-0歳から100歳まで楽しめる多世代交流-
おもちゃ美術館は幅広い年齢層のお客さんが
楽しめる空間となっています。
家族で、友だち同士で、恋人同士で。
どんな方も楽しめる空間だと思います。

様々な種類のコマやけん玉などの
昔ながらのおもちゃもある為、
多世代交流ができる場となっています。

-おもちゃ美術館からのおもてなし-
前述の通り、花巻おもちゃ美術館は
鑑賞するだけでなく、
手に取って手触りを感じる、木の香りや温もりを
感じる、みんなで交流して楽しい時間を過ごす
などの他の美術館では味わえない楽しみ方を
体験することができます。

スタッフさんはみんなとても優しくて、
温かく出迎えてくれます😊
ぜひ皆様も大切な人と足を運んでみて下さい👣

平野さん、玉山さん、
花巻おもちゃ美術館のスタッフの皆さん
ありがとうございました。
私が書きました
plume。

❁花巻生まれ花巻育ちの純花巻人❁
広告業界を夢見る専門学生(20)です!
趣味のイラストと風景撮影で花巻の魅力を伝えます!!
よろしくお願いします‪໒꒱