まきまき花巻見たい賢治さんが見ていた世界
賢治さんが見ていた世界
30 まき
このエントリーをはてなブックマークに追加

  

花巻は、宮沢賢治の故郷です。賢治さんが勤めていた学校、賢治さんの作品の舞台となった場所など、ゆかりの地が多数あります。その中から、2ヶ所をご紹介します。ぜひ、その場所を訪れて賢治さんが見た世界を自分でも感じてみてはいかがでしょうか?

童話のイメージになった「猫底」集落

 

早池峰ダムから盛岡市へ抜ける古道沿いの大迫町「猫底」集落です。「注文の多い料理店」や「どんぐりと山猫」の舞台となったといわれている場所です。奥まった地形で、神秘的な空間・吸い込まれそうな雰囲気を感じることができます。鳥居がいくつもあり、「注文の多い料理店」の猟師がドアを開けて進んで行く様子が思い起こされます。

 

賢治さんが自ら切り拓いた「下ノ畑」

   賢治さんが独居生活を送り、羅須地人協会時代に自ら切り拓いたとされる「下ノ畑」。現在、その周辺の田んぼが大規模圃場となっています。用水が確保され、ヒデリの心配がなくなりましたよ!賢治さーん。

 

私が書きました
市民講座まちかど魅力アップ教室