まきまき花巻参加したいワインツーリズムで、ぜひ花巻へ!(ワインツーリズム特集⑤)
ワインツーリズムで、ぜひ花巻へ!(ワインツーリズム特集⑤)
37 まき
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。地域おこし協力隊の飛世です。花巻産ワインPRの活動をしています。

1014日に開催する「ワインツーリズムいわて2018」が、近づいてまいりました。

 

巡回バスでワイナリーや酒蔵を巡りながら、ワインやシードル、日本酒を楽しみ、地元の食、風土、文化までも全てを楽しめるワインツーリズム。

どの場所を巡ろうか?お昼は何を食べようか?

自分のスケジュールで、自分のペースで楽しんでいただけます。

 

参加申込はこちらからhttp://www.swtiwate.com/

 当日の巡回バス情報、イベント情報など

https://www.city.hanamaki.iwate.jp/1500/p009494.html  

前日からワインツーリズムを楽しむ!「マルカンビルの前夜祭」

▲マルカンビルの外観

前泊する方やお近くの方に向けて前夜祭を開催します!場所は岩手県花巻市に来たら一度は行きたい場所№1と言われている「マルカンビル大食堂」。前夜祭だけの参加も可能です。

最初に前夜祭のスケジュールをご案内いたします。

15:0016:30に受付をしたら、6階のマルカンビル大食堂にて、花巻市街地を一望しながら、名物「10段ソフトクリーム」をいただけます。

16:30からは、1階で、花巻市内3ワイナリーのワインや地元の酒屋、わかば酒店が提供する日本酒と地元産食材を使ったおつまみをお楽しみください。地域の人と歓談をしながら、ワインツーリズムに向けた情報収集をすることも出来ます。

終了後は、市内にある花巻が発祥のわんこそばのお店、いわて食材とワインとお酒が楽しめるお店、温泉などをお楽しみください。

出店リスト

  • エーデルワイン ワイン
  • 高橋葡萄園 ワイン
  • 亀ヶ森醸造所 ワイン・シードル
  • わかば酒店 日本酒
  • 大迫チーズ生産組合 チーズ
  • 高源精麦 白金豚
  • 花巻市農村青年クラブ(4Hクラブ)野菜
  • 金婚亭 漬物
  • 松倉商店 キノコ、山菜
  • カンナ もち、炊き込みごはん
  • 黒川食品 豆腐
  • 佐藤ぶどう園 シャインマスカット
  • 石黒農場 ほろほろ鳥
  • 地元のお母さん有志による岩手郷土料理 「ひっつみ」 

前夜祭概要

1013日(土)

受付   15:0016:30

前夜祭  16:3018:00

開催場所 マルカンビル1

参加費  1,500円(税込)

 

  • 参加特典①「名物10段ソフトクリーム」
  • 参加特典②「ウェルカムドリンク」エーデルワイン、高橋葡萄園、亀ヶ森醸造所のいずれかのワインを1杯サービス!※2杯目からは有料です。
  • おつまみ付き!       

  前夜祭の情報、お申込みはこちらから(お申込み締切日 1011日(木))

  https://winetourism.shop-pro.jp/?pid=134623596

 マルカンビル大食堂とは?

マルカンビル大食堂は多くの人に愛されてきましたが、201667日に建物の老朽化と耐震性の問題で惜しまれながらも43年の歴史に一度、幕をおろしました。

しかし、のちに地元の高校生の復活署名活動が始まり、株式会社花巻家守舎の小友さんが立役者となり、マルカンビル大食堂再開に向けて様々な活動が行われてきました。そして、6ヵ月後の翌年220日にマルカンビル大食堂が再開しました。

詳しくはこちら「新生・マルカンビル大食堂の再出発!待ち望んだ再オープン日レポート」

【前編】http://makimaki-hanamaki.com/165

【後編】http://makimaki-hanamaki.com/342

マルカンビルのエレベーター6階で降りると、昭和のレトロな雰囲気ただよう、580席ある大食堂が目の前に広がります。多くの花巻市民は、小さい頃から家族や友人とここで食べた思い出があり、なじみの懐かしい味が残っている慣れ親しんだ場所です。気軽に行ける雰囲気やメニューも豊富で、ボリューム満点。そして味もよいと評判です。

▲マルカンビル大食堂の看板メニュー「ナポリカツ」                       

 

最近、高さが25㎝ある10段に巻かれた巨大ソフトクリームが話題になり、これを割り箸で食べる人に姿がテレビや雑誌などで紹介され、マルカンビル大食堂の知名度が全国へ広がりました。市外、県外からも、この名物ソフトクリームを食べに来る人が増えています。

25㎝の10段ソフトクリーム

 インタビュー ~ワインツーリズムで花巻の良さを伝える~

(株)BonD Planning 清水頭聖子さん

▲絵画の先生とマルシェ開催など幅広く活動されている清水頭さん

 

ワインツーリズム特集、第五弾は、今回、前夜祭企画・運営をしていただく、株式会社BonD Planning(ビーオンディプランニング)の清水頭聖子(しみずがしらせいこ)さんへお話を伺いました。 

清水頭さんは二つのお仕事をされています。一つ目は、絵画教室の先生です。花巻・紫波・矢巾で絵画教室を20年弱続けられています。中学校・高校と美術部で、結婚後に子育てをしながら自宅で友人へ教えていたことが、口コミで広がり、本格的に教室を始められました。

二つ目のお仕事は、株式会社BonD Planningにてイベントの企画・運営のプロデュースをされています。今年の春に、同じ想いを持った女性三人が集まり会社を作られました。 会社名には「ボンド」=人と人、人ともの、人と町をくっつけるという意味が込められています。エセナビル跡地や大堰川プロムナードや花巻駅周辺などを利用してマルシェを開催する活動もされています。

ソフトクリームTシャツで応援

飛世「お仕事内容が、絵画の先生とイベントの企画、運営プロデュースと、それぞれ違う分野になりますが、BonD Planningのお仕事を始めたきっかけを教えていただけますか。」

清水頭「マルカンが閉鎖して、再開に向けて動いている人たちの話を聞いて、何か自分達が出来ることはないかなと、ヒントを探すために、紫波・矢巾でセミナーを受けたり、色々な方のお話を聞いたりしていました。何かしたいけれど、何かが分からないでいた時に、大きなヒントを与えてくれたのが、リノベーションスクールでの同じ想いの人たちとの出会いでした。そして同じような活動をしている人たちの話を聞く場へ行った時に決めました。」

 

 飛世「マルカンビル大食堂にはよく行かれていたのですか?」

清水頭「私たちの時代だと、高校帰りにグループで、プリンアラモード、パフェ、ラーメンを食べたりするのが楽しみでした。学生の時から通っていた所がマルカンデパートで、そこがなくなると聞いてから、頑張っている人たちを応援してみようか。という気持ちがあって活動を始めました。」

 

 飛世「マルカンビル大食堂が再オープンするまでに、どのようなことをされましたか?」

清水頭「同級生の仲間たちとの飲み会で、マルカンデパートがいよいよ閉店するという話が出ていました。娘も花巻北高に入っていて、私自身も花巻北高出身で、高校生たちが署名活動を始めたことも聞いていた時に、小・中・高一緒だった友人がフェイスブックでつぶやいていたのです。

『あの子たちの応援をしたいよね。地域の人とか高校生の想いを何かの形で残したいよね。』

私も『何かするんだったら協力するよ。』と言って、すぐに友人にデザインを依頼してマルカンビル大食堂の名物『ソフトクリーム』のTシャツを製作、販売をしました。署名活動をしている高校生たちにTシャツをあげたのが始まりで、結構好評だったのです。ほしいという方もいて、売上を小友さんが始めたクラウドファンディングに寄付する活動もしていました。」

▲マルカンソフトを「箸で食べる」というマルカンビル大食堂の文化を忘れずに残したいという想いがデザインに込められている

 

 

▲デザートのメニューも豊富。手づくりプリン、バナナクレープも人気。

 飛世「再オープンの時はどんな気持ちでしたか?」

清水頭「小友さんはじめ、色々な人たちが協力して、市民・市外の人たちも協力してくれて、メディアにも取り上げてもらって、せっかく再開したのだから、『よかったね。プラスこれからも長く続いて、花巻の人の流れが変わるきっかけになってくれたらいいな。』と思ったのが正直な気持ちです。」

街のシンボルマルカン大食堂で前夜祭を!


飛世「改めて、清水頭さんにとってマルカンビル大食堂はどんな場所ですか?」

清水頭『昔から変わらずある、街の中のシンボル』です。

マルカンビル大食堂が再開して、これからどんな風に花巻の街中が変わっていくのか、とても楽しみで、期待しています。その変わるきっかけを作ってくれたのが、マルカンビル大食堂の再開なのかなぁと思いました。」

 

飛世「ワインツーリズム、前夜祭への想いを聞かせてください。」

清水頭「花巻の良さを伝えるお手伝いを出来たらなと思っています。地元の人たちが頑張らなくてはいけない。地元の味を引き出すには、どうしたらいいかを一番に考えていて、普段からお付き合いのある地元の生産者さんに声をかけています。

どのような地元の食材を使って、どのようなメニューにしたら、花巻産ワインに合って、花巻らしさを感じられるのか、を考えながらやっています。私たちの役割は次の日に繋げること。前夜祭ではワインツーリズムの魅力をお伝えいたします。楽しみにしていてくださいね。」

▲6階マルカンビル大食堂からの花巻市街地

ワインツーリズム特集、今回まで5人の方にインタビューさせていただきました。生産者さん、花巻で地域活動をされている方たち、魅力的な人に会えるワインツーリズムにぜひお越しください。お待ちいたしております!

 

ワインツーリズムいわて2018

【開催日時】20181014日(日)8:3017:00

【開催場所】岩手県花巻市、紫波町

【料金】参加費5,000円(税込み)

(※ガイドブック、試飲用ワイングラス、ワイングラスホルダー、巡回バス利用券込)その他の有料試飲ワイン、オプショナルツアーなどは別途料金がかかります。

【巡回バス運行】JR新花巻駅・JR花巻駅・JR石鳥谷駅・いわて花巻空港と花巻市内及び紫波町内のワイナリー、酒蔵を結ぶ巡回バスを運行します。

 

【イベント参加申込み】http://www.swtiwate.com/

【オプショナルツアー申込み】https://winetourism.shop-pro.jp/

【ワインツーリズムfacebook】最新情報はこちらからもご覧いただけます。

 https://www.facebook.com/ワインツーリズム-262185083808524/

私が書きました
飛世かおり

埼玉県出身。2018年8月、地域おこし協力隊として花巻市へ移住。
花巻産ワインPRの活動中。
趣味はカフェめぐり、ヨガ、音楽。